軽い布団に作り替えて! | マル井ふとん店     軽い布団に作り替えて! – マル井ふとん店
0748-42-15750748-42-1575

営業時間 9:00〜19:00(定休日 木曜日)

ホームトピックス>軽い布団に作り替えて!

トピックス

相談事例から探す

カテゴリから探す

軽い布団に作り替えて!

お布団(寝具)でお悩みなら
リフォーム
掛布団
敷布団
綿布団
2021/10/4

市内在住の方で、東近江市で布団の仕立て直し(打ち直し)してもらえるお店をネットで探し「マル井ふとん店」を見て来ました。大きなお店(会社)にお願いするより、マル井さんのような近くで小さなお店の方が親切に対応してもらえそうで…

と、おっしゃてご来店くださいました。

今回も、奥様がご結婚された時に持って来られたドンスの婚礼布団を軽いお布団にして欲しいとのご依頼です。

ご入用の枚数や仕上がった時の重さなどをお聞きしながら、お預かりのお布団を確認します。

5枚のドンス布団を出されました。

お預かりした5枚のドンスの布団

側生地を解き、中綿をみてみると…綿わたよりポリエステル綿の方が混綿率の高い綿でした。

側生地を取っていきます

中綿だけにして機械に通る大きさに解体します

数種類の綿わたをブレンドした足し綿

ポリエステルの混綿率を多くすると、お布団に膨らみが出て嵩高に仕上がりますが、綿(めん)本来の良さである吸湿性が落ちます。また、お布団に張りが出過ぎて体の形に沿うドレープ性も損なわれてしまいます。

そこで今回は、打ち直す時に綿わた(数種類の綿が混ざったブレンド綿)を多めに「足し綿」して、綿わたの混綿率を上げ、吸湿性とドレープ性が出る綿に再生する事にしました。

製綿機(カード機)で製綿していきます。

綿がキレイだと製綿機の調子もよく、順調に綿が流れていきます。

お預かりした布団の中綿は、余りご使用なされていなかったのでしょう。

ほとんど汚れも無く、製綿しても落ち綿(汚れなどで使えなくなった綿)が少なく、キレイにフワッとした綿わたに再生することが出来ました。

流れでた再生綿を1枚1枚の重さを計量(20g単位で選別)、綿入れ時にご希望の重さに仕上げられるよう仕分していきます。

この後、5日から数週間(綿の種類によって期間は違います)おもしを乗せて綿を「寝かせ」ます。

この「寝かす」時間はとても大切、これにより綿が整い綿入れ可能な「わた」になります。

綿を寝かした状態

これで綿入れの準備が整いました。

次に側生地に綿を入れていきます。

軽めに仕上げて欲しいとのご要望でしたので、綿の量で調整しながら仕上げていきました。

そして、仕上がったお布団がこちら…

お仕立て直し(スタンダードコース)掛布団・シングル2枚 敷布団・シングル3枚の合計5枚に仕上げました。

今回お選び頂いたのも幾何模様のプリント柄で、人気のある柄。掛布団は、額縁仕上げです。

布団カバーも、同色のブルー系のブロードカバーをご用意しました。

お客様宅へ納品したら、「こんなにフワッと軽いお布団になるんですね!」と、お喜びのお声を頂きました。


お布団のメンテナンス、お布団の事でお悩みがある時は、ぜひマル井ふとん店へ相談してみて下さい!

関連ページ…「綿ふとんリフォーム」詳しくは、こちらをClick

TOPへTOPへ

お問い合わせ