羽毛布団に焦げあと…? | マル井ふとん店     羽毛布団に焦げあと…? – マル井ふとん店
0748-42-15750748-42-1575

営業時間 9:00〜19:00(定休日 木曜日)

ホームTOPICS>羽毛布団に焦げあと…?

TOPICS

羽毛布団に焦げあと…?

リフォーム
掛布団
羽毛布団
2021/05/27

羽毛掛布団に穴が空いて、カバーの中が羽毛だらけになったので見て下さい!とのご相談がありました。

お客様の羽毛布団の状態を確認するため、カバーをそっと外したら、側生地にダウンが沢山付いています。

かまわずカバーをめくると、布団の真ん中あたりに生地の焦げた跡があり、そこに大きな裂け目がありました。

どうして、こんな所に焦げた跡が…?…と、不思議に思い、ご使用状況をお聞きすると…。

「こたつ台を横にして羽毛布団を掛けていたら、こたつのヒーター部分が熱くなっていて、布団が焦げた」そうです。

その時、穴は空いていなかったそうですが、焦げて生地が弱くなり使っているうちに裂けてきたと思われます。

側生地には、ダウンがいっぱい付いていた
お布団の真ん中ぐらいに焦げた跡が…

この羽毛布団は15年以上使われていましたが、充填羽毛が良質でダウンボールもまだ大きかったので、リフォームさせて頂く事になりました。

ただ、吹き出し羽毛の量が多かったので、足し羽毛を通常より100g増量して合計400g足して、通常の嵩高になるよう調整しました。

これで、安心してご使用いただけます。

リフォームした羽毛布団 
標準コース 柄:ルマン 色:ピンク
ケースに入れてお届けします

今回は、お布団が焦げただけで良かったですが、一歩間違えれば火事の原因になりかねません。(>人<;)

消防の方から「一般家庭では、お布団の側にストーブを置いていて、布団に火が着き火事になるケースが一番多い」と、お聞きしています。

これからしばらくは、ストーブを使う季節から離れますが、冬回りの暖房器具とお布団の取扱いには、十分に気を付けて下さいね。

TOPへTOPへ

お問い合わせ