進化した綿の敷布団 kamedajima | マル井ふとん店     進化した綿の敷布団 kamedajima – マル井ふとん店
0748-42-15750748-42-1575

営業時間 9:00〜19:00(定休日 木曜日)

ホームTOPICS>進化した綿の敷布団 kamedajima

TOPICS

進化した綿の敷布団 kamedajima

敷布団
新商品
綿布団
2021/04/26

近年、お客様より「敷布団をいろいろ試したが、やっぱり綿の布団が一番寝易いので作って欲しい」とのお声を頂いています。

そこで、もっと温かくムレ感の無い寝心地のいい敷布団が出来ないかと思案を練る中、新潟で織られいる「亀田縞」という生地と出会いました。

通常、生地の仕上げ工程には、強度や貼り、風合いの調整の為施される樹脂加工を行わずに仕上がっている、天然素材の良さを肌で感じることが出来きる生地です。

また、手紡ぎの風合いがあるので、肌触りの良さはもちろん中綿との添いも良く、しっとりまろやかな寝心地が味わえます。

この生地を使い、通常、綿の敷布団に使っているインド綿よりも「弾力」と「粘り」に秀でたインドアッサム綿で作ったのが、新しい綿の敷布団(kamedajima)です。

この綿は、従来のインド綿よりしっかり体を支えてくれて、夏はムレ感がなく、冬は温かい、綿のよさを背中でダイレクトに感じて頂ける敷布団です。

また江戸時代から続く粋な「縞柄」が特徴で、ノスタルジックな幼少の思い出を彷彿とさせてくれる、綿のお布団ファンの方も、そうでない方でも、きっとご満足頂けるお布団です。

精製前の原綿:インドアッサム綿
綿入直後の敷布団 kamedajima
特に腰・肩の部分はへたらないように多めに綿を入れるので、真ん中がふっくらと盛り上がります。

TOPへTOPへ